フードバンク

宮城県から備蓄食料品665kgを寄贈していただきました。

更新日:2018/12/14

宮城県総務部管財課課長 戸引崇様(写真左)、コープフードバンク事務局長 中村礼子(写真右)

12月14日(金)、宮城県庁前にて宮城県災害備蓄食料品寄贈式を行いました。

宮城県から備蓄食料品の保存用のお餅、おでん、缶パン、水など2276点665kgを、
コープフードバンクに寄贈していただきました。

みやぎ生協と宮城県が2016年6月に包括連携協定を結んでいること、
昨年度から宮城県が県内のフードバンク団体に補助金を出しており、
県としても県内のフードバンク活動を支援
していることなどが、今回の寄贈にいたったきっかけとなっております。

なお、コープフードバンクも宮城県からの補助金をいただき、運営にあてさせていただいております。

今回寄贈していただいた食品は、
年内に県内の生活困窮者へ支援団体や社会福祉協議会を通じてお渡しさせていただきます。
温かいおでんを食べながら年末年始を迎えていただければと思います。
寄贈式の様子

寄贈式の様子