コープ東北について

Profile[English]

設立の経緯

1990年6月、いわて生協、生協共立社、みやぎ生協が今後の東北3県の事業連帯のあり方について話し合いを開始し、1995年5月、コープ東北サンネット事業連合を設立しました。その後、複数の生協が加盟し、2015年3月20日現在の会員数は東北6県9生協となっています。東北6県の生協が連帯することにより、各会員生協の収益改善に大きく貢献しています。

名称 生活協同組合連合会
コープ東北サンネット事業連合
理事長 宮本 弘
本部所在地 〒981-3112
宮城県仙台市泉区八乙女四丁目2番地の2
設立 1995年5月12日
会員数 東北6県9生協(2016年3月20日現在)
供給高 1,105億19百万円(前年比110.9%)
会員生協の総供給高 2,373億41百万円
会員生協の総組合員数 172万7,750人
加盟団体 日本生活協同組合連合会

会員生協合計供給高・組合員数

会員生協合計供給高・組合員数

あゆみ

1995年 設立総会開催 厚生省より設立認可を受ける
1998年 店舗食品センター稼動
2001年 秋田県北生活協同組合の加入
2003年 共同購入で統一チラシスタート
2004年 生活協同組合コープふくしまの加入
共同購入4県連帯事業スタート
日配部門の商品統一と新日配物流センター稼動
2006年 生活協同組合コープあおもりの加入
秋田市民消費生活協同組合(現コープあきた)加入
共同購入ドライセットセンター稼動
共同購入新システムの導入
2007年 店舗のデイリー・酒の統一分類化
2008年 秋田市民消費生活協同組合と秋田県南生活協同組合が合併
生活協同組合コープあきたが発足
eフレンズシステム導入
2009年 店舗生活センター稼動
2010年 生活協同組合コープあおもりと弘南生活協同組合が合併
共同購入冷凍セットセンター稼動
2011年 東日本大震災発生
店舗事業連帯プロジェクトスタート
2012年 青森県庁消費生活協同組合
青森県民生活協同組合の加入
100店舗企画スタート
2013年 生活協同組合コープあいづ
福島県南生活協同組合の加入
青森県庁消費生活協同組合脱退
2014年

子会社(株)コープ東北保険センター、(株)コープコミュニケーションズ、
   (株)コープエナジー東北、(株)コープ東北サービス 設立

みやぎ生活協同組合全店でスマートレシートを導入

2015年

スマートレシートをいわて生活協同組合、生活協同組合共立社、生活協同組合コープふくしまへ拡大
(株)東北協同事業開発設立
秋田県北生活協同組合法定脱退(解散)

2016年 コープフードバンク法人サポーター100社超え
コープひかりサービススタート

経営組織図

拡大して表示

経営組織図
理事長 兼 専務理事 宮本 弘
常務理事
(店舗事業本部長、共同購入事業管掌)
伊藤 明世
常務理事(品質管理本部長、物流本部長、
エネルギー事業本部長、事業企画室長、システム部管掌)
河野 敏彦
常務理事 機関運営部長 倉田 秀昭
執行役員 共同購入運営本部長 尾川 輝敏
執行役員 店舗商品本部長 兼 共同購入商品本部長 河野 雪子
執行役員 サービス事業本部長 菅原 藤人
執行役員 経理部長 桧山 智明
執行役員 開発本部長
(店舗企画部長、施設部長)
山岸 正治
人事教育部長 斎藤 友章
店舗事業連帯推進本部長 高橋 佳照
システム部長 新井田 匡彦
店舗運営本部長 矢野 敏昭
人事教育部管掌 労政部長 吉島 孝
生産本部長 蜂谷 雅信
店舗商品本部 生鮮部長 今野 一彦
店舗商品本部 グロサリー衣料部長 丸川 久
共同購入商品部長 阿部 哲夫
開発本部 店舗開発部長 尾形 勝
環境管理室長 大原 英範

会員生協合計供給高・組合員数

供給高・組合員数(会員生協合計)

会員生協の状況

生活協同組合コープあおもり
理事長 小池 伸二
専務理事 菅原 正
組合員数 147,084人
供給高 138億6百万円
店舗数 6店
センター数 6センター
URL http://www.aomori.coop/
代表電話番号 017-766-1614
青森県民生協
理事長 平野 了三
専務理事 高村 務
組合員数 91,976人
供給高 154億34百万円
店舗数 12店
センター数
URL http://www.aomoriken-coop.or.jp
代表電話番号 017-742-8686
生活協同組合コープあきた
理事長 大川 功
専務理事 小林 芳昭
組合員数 134,297人
供給高 99億63百万円
店舗数 2店
センター数 6センター
URL http://www.akita.coop
代表電話番号 018-846-2515
いわて生活協同組合
理事長 飯塚 明彦
専務理事 金子 敏明
組合員数 233,208人
供給高 386億26百万円
店舗数 13店
センター数 9センター
URL http://www.iwate.coop
代表電話番号 019-687-1321
生活協同組合共立社
理事長 松本 政裕
専務理事 安達 忠士
組合員数 156,311人
供給高 195億47百万円
店舗数 10店
センター数 6支部
URL http://www.yamagata.coop
代表電話番号 0235-22-5110
みやぎ生活協同組合
理事長 宮本 弘
専務理事 大越 健治
組合員数 711,150人
供給高 1,050億77百万円
店舗数 48店
センター数 10センター
URL http://www.miyagi.coop
代表電話番号 022-374-1273
生活協同組合コープふくしま
理事長 今野 順夫
専務理事 野中 俊吉
組合員数 188,466人
供給高 213億8百万円
店舗数 11店
センター数 5センター
URL http://www.fukushima.coop
代表電話番号 024-557-1125
生活協同組合コープあいづ
理事長 荒井 信夫
専務理事 吉川 毅一
組合員数 49,917人
供給高 119億47百万円
店舗数 8店
センター数 1センター
URL http://www.coop-aizu.jp
代表電話番号 0241-22-1041
福島県南生活協同組合
理事長 渡邊 郁子
専務理事 高笠 晴之
組合員数 15,341人
供給高 16億33百万円
店舗数 1店
センター数 1センター
URL http://fukushimakennan-seikyo.or.jp
電話番号 0248-21-6641

物流

  • 物流システム

    多くの組合員が利用する商品を仕入れ、
    各店舗・共同購入センターに出荷する物流センターは、5つあります。

    コープ東北サンネット事業連合では、新たな物流拠点として「コープ東北ドライ統合物流センター」を新設しました。この施設により宮城県内で稼動している4箇所のドライセンターの集約統合を可能にし、効率化を実現しました。

  • 【 店 舗 】

    お取引先約500社の商品を各センターで荷受、仕分けし、東北6県の各生協店舗に商品を出荷しています。物流の4大課題「品質・数量・納期・情報」をすべてセンターで処理することで、店舗の後方支援としての役割を果たしています。

    • ドライセンター

      加工食品、菓子、酒を取り扱っています。

    • 日配センター

      冷蔵品をメインに日配商品を取り扱っています。

    • 生活センター

      洗剤、サニタリー、トイレタリーやペット用品、園芸用品、衣料を扱っています。

  • 【 共 同 購 入 】

    会員生協および提携生協58ヶ所に週5回出荷しています。
    統一センターとして、品質管理やセット効率アップをはかっています。

    ドライセットセンター

    ドライ食品や雑貨・衣料・家電小物・家具など週当たり約3300品目を取り扱っています。

    冷凍セットセンター

    冷凍商品は約400品目をセットする能力を備えています。特にマイナス40℃の冷凍庫で凍らせる冷凍蓄冷材を採用し、品質維持能力を向上させています。コープ東北と(株)ダイフクで開発したピッキングシステムは『第24回日本マテリアルハンドリング大賞』を受賞しました。
    ※日本MH協会が、物流・ピッキングシステムなどの技術・理論などの向上を目的とし、優れた研究・開発や改善・合理化を顕彰する制度です。

システム・インターネットサービス

  • 店舗、共同購入、サービス事業、本部管理業務のコンピュータシステムの開発により、会員生協が抱えるさまざまな課題についてサポートし、各事業を支えています。また、インターネット会員サポートと組合員に使いやすいインターネットサービス(お買い物サイト、生協からのお知らせなど)を提供しています。